施工事例

施工事例

真冬の朝でも裸足で冷たくない家

快適な住まいということを考えるとき、
いかにエアコンに頼らないで、
冬は暖かく夏は涼しく過ごせるかがポイントです。
基礎、外壁、屋根……家の外側全体を
すっぽりと断熱材で覆ってしまうという外断熱工法の家で、
冷暖房費も大幅に削減。
加えて、無垢材と塗り壁の相乗効果で、
自然の調湿機能や蓄熱熱機能を最大限に活かしています。
柱1本は湿気の多いときにはビール大瓶2本半分ほど吸って、乾燥すると放湿するのです。
床下・壁の中・小屋裏をどう処理するかでその家の価値は決まってしまいます。
普段目にすることが出来ない部分です。

小屋裏

真夏でも天井部屋は涼しい。
小屋裏三階はとても変化のある空間で
お子さまに大変人気です。
しかし普通の家は天井の熱が強烈で夏はいられません。
しかしこの家は普通の部屋と同じです。
高温多湿な日本の気候において、
湿気とどう対応するかも大きなポイント。
排気型集中換気システムが「人」と「家」の健康を守っています。
「人の健康」とは室内のいろいろな汚染物質(生活水蒸気、VOC、CO、CO2、生活臭気等)を速やかに排出することによりアトピー疾患やその他の病気から守ること。
「家の健康」とは断熱気密により、湿気の排出が困難となりがちですが、
湿気を計画的に排出することによってカビ、ダニ、さらに木材の腐朽から守り、長く安心して住める家にすることです。

リビング

素材のよさを引き立たせるために、
奇抜なデザインは避けています。
吉野桧は無節を選別、ふんだんに使用。
ヒノキの香りには、消炎、鎮静、鎮咳など主に神経を静める作用があるので、
爽快感のある落ち着いた空気が立ち込めています。
日本人なら誰もがあこがれる総桧づくりの家です。

キッチン

壁にはリブ杉で趣きを愉しみ、
カウンターは桧の一枚板を。

吹き抜け

開け放たれた窓からは、
緑の風が吹き渡り、光 あふれる空間。
雨が吹き込めば自動的に閉まるセンサー付きなので、
安心してお出かけになれます。

和室

リビングから見たところ。
ゆとりの空間、広縁つきの和室。
鴨居の上はガラスでリビングと空間的につながっており、安全性を考えて間仕切りの段差もありません。
鴨居と柱の接合は金物にたよらないで柱の引き抜きに耐える込み栓の伝統工法。
先人の知恵と 工夫と経験から受け継がれてきたものを次代に伝えていくことも使命と考えています。

押入れ

総桐で便利な引出し付き。
布団等をしまう押し入れこそ、
調湿効果があり呼吸する環境を。

建具

建具はすべてオリジナル。
(左)高齢樹ならではの赤身と白太のハーモニーが調和した
美しい直線模様の杉材だけを使っています。
(右)南部赤松の引戸。
ガラスは榎木氏によるエッチング入り。四季折々の花を彫刻しました。

子供部屋

開放的な子ども部屋。
可動式間仕切りなので、12帖の広さをもつワンルームのよう。
壁はすべて漆喰。床は南部赤松。
目に見えるのは、木、土、紙。
やわらかな自然 素材が情緒を豊かにします。

下駄箱

徳島木頭杉を波打つようにリブ状に加工した板を
扉、側板、 底板に。
天板はケヤキの一枚板。