同じ予算でグレードの高い家をつくる方法

同じ予算でグレードの高い家をつくる方法

同じ費用を出すのなら、グレードの高い方がいいに決まっています。

それでは、グレードが高いというのはどういうこと?
たとえば、バッグなら、ブランド品はグレードが高いということは誰もが知っています。
デザインが良くて、使いやすくて、長持ちする・・・。
ただ、デザインや機能が同じでも、偽物を好んで買う人はいません。
すぐに痛んで長持ちしないのを知っているからです。

長持ちしないものは、グレードが高いとは言えないし高いお金も払いたくない。
長持ちが、グレード(品質)の大前提ということを 皆さん十分理解しているはずなのに・・・・・・。

長く暮らせる家はグレードが高い

皆さんが好んで建てている住宅の平均寿命は30年です。
欧米の100年近い住宅寿命から比べると、あまりにもグレードが低すぎます。

ただ、日本にも長寿命のグレードの高い木造住宅はありました。
国産の無垢材を構造に用いた古民家です。

大きな材を組み上げた古民家住宅の寿命は数百年に及びます。
古民家に使われている素材と、建築様式の良い所を真似て現在の生活に合わない所は、現在風に置き換える。
そうすることで、簡単に100年程度の寿命を持つ住宅ができるだろう・・・。
そんな単純な発想から、長寿命なグレードの高い家づくりをおこなうことができます。

日本の木造建築の寿命は、世界一です。

最高で1300年の寿命をもつ寺社建築もあれば、今にも朽ちそうな細い柱でも素材の天寿を全うすれば数百年の寿命の茶室もあります。
それらはすべて、高温多湿に強い国産の木とその性能を活かす匠の技の複合で造られてきました。
私達は会社設立以来、長寿命の木造建築を可能としてきた国産材と匠の知恵に敬意を払い、基礎から壁体内まで見えないところで差のつく頑丈で長持ちする家づくりを行っています。

住宅の寿命を左右する構造体は年数を経て、その真価を発揮します。
生活の基盤となる住宅の寿命に不安がなければ、メンテンス計画だけで住居費は完結し、豊かさを中心としたライフプランを立てることができます。

一方、30年余りの寿命しかもたない住宅では、建替えのリスクを常に抱えることになり、実際建替え費用や大規模リフォーム費用が必要です。

日本の住宅は本来世代を超えて住み継ぐことができるグレードの高いものでした。
そんな住宅が現在に再現されれば、住居費に煩わされることなく、本来私達が目指している豊かな生活をおくることに資金を使うことができるようになり ます。

山の民とのつながり

住宅の寿命が30年から100年へと、3倍グレードが高くなったといっても、価格が3倍します・・・。と言われればとても手がでません。

でも安心です。 うれしいことに、今、日本の山には大きな材料になってくれる木がたくさん育っています。
その木を出荷してくれる山の民(生産者)と密接につながることで、大きくて優良な国産材を安価に手に入れることができます。

私たちは、品質の良い木で、いい家を建てたいとの思いが常に住まいづくりの源にありました。
素材本来の特徴的な美しさが引き出された材で、防腐剤などを使用せず安全に生産し、しっかり乾燥させた良いものだけを出荷してくれる生産者と10年余かけてつながってきました。

長寿命の基礎となる構造材は国産のヒノキや杉の無垢材や使用、長寿命の実績のない集成材は使いません。
良いものを低価格でみなさんにお届けするには、木材生産者の協力なくしては成り立ちません。

それぞれがこだわりを持ち、品質の管理向上に注意を払い、国産材では最も難しい価格を抑えることにも努力している山の民の協力で、高品質な材を使用した長寿命の住宅を一般の流通経路では実現できない低価格でみなさんにお届けしています。

国の補助金を最大限に利用する

大手住宅メーカーでは利用できない、地域に密着した中小規模のビルダー向けの補助金があります。

長期優良住宅の建築に際して、建設工事費の一部が補助されます。(建設費の1割以内で100万円が上限)

国産材を使用すれば更に補助金が上乗せされます。
補助金を最大限に利用することは、グレードの高い家を建てるときに是非行いたいことです。

会社経費をかけず建築費を建物本体に使う

同じ価格でグレードの高い家を建てるためには、建物本体に多くの費用を当てる必要があります。

自社ビル・展示場・人件費・広告費に多くの経費がかかれば建築本体に費用は回すことはできません。
すべての経費を差し引いた残りを建築本体に使用することしかできないのです。

私たちは無駄な経費を使わず、仕入れコスト削減に独自の方法で努力し、お客様からいただく費用の多くが材料や職人への工賃に支払われるよう無駄を省いた家づくりを行っています。



» 住宅で失敗しないための7つの自己防衛策へ